妊娠線はどうして出来るの?

妊娠線とは、妊娠・出産を通じて、お腹に現れてしまう筋状の線のことです。

 

妊娠線は、いわゆる肉割れと呼ばれている現象と、原因は同じです。急激に身体が大きく成長してくるのに、皮膚の細胞の成長が追いつかずに、真皮層の断裂が生じてしまうことが原因です。

 

妊娠線が出来る原因1

妊娠して赤ちゃんが大きく育ってくるにつれて、母体の腹部もどんどん大きくなってきます。特に5カ月を過ぎた頃からはお腹が目立ち始めてきます。

 

胎児の体重は、平均すると妊娠6カ月目ぐらいから1,000gを超えて、どんどん成長して行きます。

 

妊娠線が出来る原因2

出産までにどのぐらい腹囲(へそまわり)が増えるかと言うと、20cmほど増大、ウェストサイズでも平均23cmほど増大するという調査結果があります。
(出典:プレママタウン『マタニティウェアの基礎知識』)

 

これだけ急激に腹囲が大きくなってくると、急な成長に皮膚が追いつかず、常に引っ張られているような状態になります。

 

妊娠線が出来る原因3

引っ張られ続けた皮膚が耐えきれなくなり、真皮層のコラーゲン繊維が裂けて、肌の表面にもひび割れが生じているように見えてきます。この、お肌のひび割れ現象が『妊娠線』です。

 

妊娠ではなく、急な筋肉トレーニングなど原因で、身体が成長した場合に生じたものを、『肉割れ』と呼んでいますが、発生するプロセスは同じです。

 

妊娠線がどのぐらい目立つのか、その程度は人それぞれですが、なかには非常に目立つ場合もあり、悩む人も多くいます。このため、最近、妊娠線対策のための様々なケア用品が販売されています。

 

妊娠線対策クリームは効果があるの?

妊娠線の予防と解消のために、『妊娠線対策クリーム』が販売されています。

 

塗るだけで妊娠線が消えるかのように宣伝されていることも多いのですが、結論から言うと、既に出来てしまった妊娠線を、妊娠線対策クリームを塗ることだけで消すのは難しいです。

 

真皮層

妊娠線は、真皮層のコラーゲンの断裂が原因で発生するものですが、皮膚の表面(表皮)に塗る化粧品などを、真皮層にまで届けるのは難しいのです。

 

どれだけ避け目、ひび割れがあるように見えても、その上には表皮があります。化粧品などが、この表皮を超えて浸透することは難しいものなのです。

 

『妊娠線対策クリーム』の効果は限定的

妊娠線対策クリームの効果が限定的なのを理解するための分かりやすい例が、タトゥー刺青です。

 

肌にどれだけ色が濃いインクとかペンキが付いてしまっても、時間が経てば、いずれ肌は元通りになります。表皮は、ターンオーバーという細胞の生まれ変わりのサイクルを繰り返していますので、いずれ細胞が剥がれ落ちていくためです。

 

真皮層にはターンオーバーは生じません。このため、タトゥー、刺青を入れる際は、針などで染料を真皮層まで押し込むことで、いつまでも変わることが無く、定着できるようにしているのです。

 

『妊娠線対策クリーム』は、基本的には表皮内にしか働きませんので、効果は限定的だということはあらかじめ知っておくと良いです。

 

『炭酸ガス治療』はより根本的な対策

より根本的な対策としては、医療クリニックで行われる『炭酸ガス治療』があります。

 

妊娠線や肉割れは、真皮層や皮下組織が破壊されてしまっていることが原因ですが、原因部位に炭酸ガスを注入することで、注入した部位の血流を改善して、ひび割れ症状を改善することができます。

 

炭酸ガス治療の場合は、妊娠線対策クリームでは届かない真皮層に直接アプローチすることができます。ここが最大のポイントです。

 

炭酸ガス治療は、元々フランスで妊娠線解消のための治療として使われていたもので、10年以上の実績があるものです。最近では、日本人の肌質向けに改良した治療を行う医療クリニックがでてきています。

 

妊娠線対策ケアの比較表

妊娠線対策クリームとか、炭酸ガス治療などの、妊娠線対策ケアの比較表を作成してみました。

 

妊娠線対策クリームとしては、浸透力に重点を置いている製品は少なく、2種類をピックアップしました。炭酸ガス治療を行っている医療クリニックは、最も評判が高いクリニックを取り上げました。

 

項目 ママケア ノコア 恵比寿美容クリニック
製品画像

ママケアクリーム

ノコア

恵比寿美容クリニック

製品種類 妊娠線対策クリーム 妊娠線対策クリーム -
有効成分 シラノール誘導体 ビタミンC誘導体 -
サービス種類 - - 医療クリニック
治療法 - - 炭酸ガス治療法
初回価格 実質無料 6,480円 -
2回目以降価格 4,950円 6,480円 -
休止・解約 6回(6か月) いつでもOK -
返金保証 輸送事故のみ対応 10日間保証 -
施術料金 - - 9,800円〜35,000円
無料カウンセリング - - 有り(診察・診断・検査、全て無料)
製造販売会社 (株)ミーロード (株)フューチャーゲート -
クリニック名 - - 恵比寿美容クリニック
公式サイト

(比較表の中の価格表記は、全て消費税込みの表記です)

 

妊娠線対策クリームは、予防と解消の両方に焦点を当てている製品が多く、浸透力を重視して、解消に重点を置いている製品はそれほど多くはありません。

 

代表的な製品2つをとりあげていますが、単価は安いけれど定期購入コースの縛りも長い『ママケア』と、単価は若干高めだけれど、いつでも休止・解約ができて自由度が高い『ノコア』、それぞれの特徴が分かります。

 

これに対して、より根本的な対策が可能な医療クリニックは、妊娠線対策で定評がある『恵比寿美容クリニック』ですが、料金的には、施術1回あたり、最低でも妊娠線対策クリームの1.5〜2倍の料金がかかることが分かります。

 

しかし『恵比寿美容クリニック』では、診察・診断から検査まで、完全に無料『無料カウンセリング』が行われていることは見逃せません。

 

妊娠線が気になっているなら、ぜひ無料カウンセリングを活用してみることをオススメします。

 

妊娠線対策ケアのランキング

恵比寿美容クリニック

恵比寿美容クリニック

『恵比寿美容クリニック』は、妊娠線対策で定評がある医療クリニックです。名前の通り、東京都の恵比寿にあります。

 

妊娠線対策は、最終的に、妊娠線を消すことが出来なければ意味がありません。

 

『恵比寿美容クリニック』では、診察・診断から検査まで、完全に無料の『無料カウンセリング』を行っていますので、妊娠線に悩んでいるなら、ぜひ活用することをオススメします。

 

無料カウンセリングを受けたからと言って、必ず治療を受けなくてはならないという意味ではありませんから、そこは安心して大丈夫です。

 

最初の段階で、専門家からの適切な診断とアドバイスを受けることは非常に重要です。総合的に、妊娠線対策ケアを考えるなら、『恵比寿美容クリニック』を第一にオススメします。

 

ママケア

ママケア

『ママケア』は、(株)ミーロードが製造販売する妊娠線対策クリームです。

 

皮膚に効果的に浸透させるための有効成分として、シラノール誘導体を配合しています。

 

初回価格が送料のみで実質無料と、コストパフォーマンス的には高いのですが、お得に買える定期コースには、6回(6か月)の購入義務が縛りとして設定されています。

 

妊娠線対策クリームは、長期間使用しないと効果は見込めませんので、長期使用は前提と考え、コスパ的に優れる『ママケア』を第2位としました。

 

ノコア

NOCOR(ノコア)

『ノコア』は、(株)フューチャーゲートが製造販売する妊娠線対策クリームです。

 

皮膚に効果的に浸透させるための有効成分として、新型ビタミンC誘導体を配合しています。

 

製品価格は、6,480円と若干割高で初回無料などの特典もありませんが、逆に定期コースの縛りなども無く、いつでも休止・解約が可能です。

 

妊娠対策クリームを長期間使用することを前提とすると、コストパフォーマンスが若干低いところもありますが、とにかく試しに使ってみたいという場合には、いつでも止めることが出来る自由度が高く、オススメできます。総合的に第3位としました。

 

 

妊娠線対策ケアを考えるなら『恵比寿美容クリニック』がオススメ

妊娠線を無くしたいと考えているなら、最初から『恵比寿美容クリニック』のような専門クリニックの診察を受けることをオススメします。

 

目立つ妊娠線を見ると、お肌、表皮がかなりのダメージを受けているということは実感できると思います。これがクリームを塗って消えるものかどうか?率直に考えてみると良いです。

 

非常に軽度の妊娠線なら、妊娠線対策クリームだけでも何とかなるかも知れませんが、妊娠線が目立つ場合には、医療クリニックの他に選択肢は無いと考えた方が良いです。

 

『恵比寿美容クリニック』では、診察、診断から検査まで、完全に無料『無料カウンセリング』を受けることが出来ますので、妊娠線が気になっているなら、とにかくまずは、この『無料カウンセリング』を受けてみることをオススメします。

 

無料カウンセリングだけでも、専門医の診断と、貴重な参考意見を得ることが出来ます。何ごとも、最初の段階で専門家からのアドバイスを受けるのは非常に重要です。

 

妊娠線対策ケアを考えるなら、まず『恵比寿美容クリニック』の無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。